ブラックフォーマルは冠婚葬祭で区別しよう

「ブラックフォーマル」という服装をご存じでしょうか。学生時代を過ごす若者には縁が薄いかもしれませんが、一定の年齢になれば男女問わず1着は持っておきたい服装です。どのような物なのか、ご紹介しましょう。

そもそもブラックフォーマルとは?

「ブラックフォーマル」とは、いわゆる「礼服」のことで、冠婚葬祭のときに着用する服装です。名称に「ブラック」とあるように、男女問わず黒を基調とした服装になります。冠婚葬祭の場で一番大切なことは「お祝い」や「おくやみ」などの気持ちですが、その場に合った服装をすることは初歩的なマナーです。そのため、一定の年齢に達した男女であればブラックフォーマルを最低1着は持っておくことが求められるのです。男女ともに、ブラックフォーマルは紳士服店などで購入できます。既製品でも価格の幅が広く設定される傾向にありますが、生地の質感や縫製、黒の濃さで差別化されるのが一般的です。オーダーメイドの品を注文して、自分の体型にピッタリと合うものを選ぶのもよいでしょう。

男性のブラックフォーマルについて

男性向けのブラックフォーマルは、おもにジャケットの形で2種類に分けられます。基本となる「シングル」と「ダブル」です。ダブルは比較的高齢の男性が着用する傾向がありますが、特に年齢制限があるわけではありません。シングルの場合、全体的に細いシルエットになるよう仕立てられたタイプもあります。結婚式と葬儀では小物類が異なりますが、ほぼ共通しているのはワイシャツと革靴です。ワイシャツはレギュラーカラーの白無地を、革靴は黒い内羽根式が基本です。ネクタイは、結婚式では白またはシルバー系が基本で、ネクタイと色をそろえたポケットチーフも用意します。お葬式の場合は黒(光沢のないもの)のネクタイが基本で、ポケットチーフは使用しません。ベルトは靴の色とそろえましょう。

女性のブラックフォーマルについて

女性のブラックフォーマルは、男性と同じように冠婚葬祭で着用できます。しかし、実際に着用するのは葬儀のときに限定される傾向があります。お祝いであれば、黒以外の華やかな服装(ドレスなど)でもマナー違反ではないからです。喪服としてのブラックフォーマルの場合、華美になりすぎないデザインの品を選ぶようにしましょう。また、スカートはひざが隠れる丈に調節するのが基本です。パンツタイプのものもあります。バッグや靴(パンプス)は両方とも黒い品を選んでください。また、肌をあまり露出しないことがマナーなので、黒い(またはベージュの)ストッキングも欠かせません。アクセサリー類は真珠の品を用いるのがマナーですが、結婚指輪の着用は認められます。