ここがポイント!大人の女性のブラックフォーマル

数年に一度しか袖を通さないという人も多い、ブラックフォーマル。しかし、大人なら一枚は持っておきたいアイテムでもあります。ここでは、いざという時にマナー違反とならないよう、ブラックフォーマルの選び方のポイントを紹介します。

ポイント1.色

「黒」とひとことで言っても、その色合いは灰色を帯びた少し明るいものから漆黒のものまで、実に様々。数種類の黒色の生地をずらりと並べてみると、その違いがよくわかります。葬儀・通夜・法事などで着用するブラックフォーマルの場合は、深みのある濃い黒色が最適。弔事の席では全員が黒色を着用しているため、特にその色の差は歴然です。浅く淡い黒色の喪服は、安っぽい印象を与えてしまう可能性も。参列する際には気持ちが何よりも大切なことは言うまでもありませんが、亡くなった方への敬意を表するためにも、大人の喪服選びでは色味も重視したいポイントです。店頭で購入する際には店員さんにお願いして、生地の色を比べさせてもらうのも良いでしょう。

ポイント2.素材

大人の女性がブラックフォーマルを選ぶ上では、使われている素材も重要なポイントのひとつ。フワフワ感のある薄いシフォン素材や光沢のあるサテン生地、そして黒一色であっても華美な刺繍が施されているものなどは、当然ながら弔事の席には不向きです。喪服に最適な素材は、光沢がなく落ち着いた雰囲気の黒無地。中には弔事と慶事兼用のブラックフォーマルも販売されていますが、厳密には弔事用と慶事用では適した素材が違うため、質感や光沢をきちんと確認しましょう。また兼用のものであっても、両方の席で同じ着こなしをするのは考え物。ブラックフォーマルのマナーは地域や習慣、時代などによって異なりますが、その場に相応しい装いをすることが大事です。

ポイント3.デザイン

弔事用と慶事用では、適したデザインにも違いがあります。弔事用のブラックフォーマルでは、肌の露出が少ないものを選びましょう。スカートの丈は、ひざの隠れる長さがベスト。夏用に半袖のブラックフォーマルを選ぶ際には、袖丈が短すぎないことも大切なポイントです。では、弔事にパンツスーツを着用することは問題ないのでしょうか。これに関しては年齢や立場などにもよるため、ひとくくりにすることはできませんし、パンツスーツは絶対にダメというルールもありません。ただし、パンツスーツは略喪服という考えもあり、場合によってはマナー違反と見なされてしまう可能性も。また、パンツスーツを着ていると葬儀社のスタッフに見える…との声もあるため、事情がある場合を除いてスカートを着用するのが無難かもしれません。