デキる女は違う!ブラックフォーマルの選び方

成人した女性なら必ず1着は持っておきたいのがブラックフォーマルです。ブラックフォーマルは冠婚葬祭に使うことができますが、デザインや素材はたくさんあり、どんなものを買ったらよいのか迷ってしまう人も多いでしょう。
女性らしく上品なものを選ぶことでデキる女性になりましょう。

ブラックフォーマルを使うシーンとは?

ブラックフォーマルは、冠婚葬祭に着る黒いスーツのことです。日本では、慶弔のシーンで黒い服を着ることが一般的となっています。そのため、ブラックフォーマルを1着持っておくだけで、様々な小物を合わせることで慶事にも、弔事にも使用することができるのです。
例えば、結婚式や披露宴、卒業式といったお祝いのイベントに、コサージュやきれいな色のボレロなどを身に着けるだけで、華やかな装いにすることができます。告別式やお通夜といった弔事の際は、光沢のないバッグやパンプスを身に着けることで、その場に相応しい装いになります。このようにシーンに合わせて装いを変えることができるのが、ブラックフォーマルの良いところなのです。

ブラックフォーマルのデザインはたくさん!

ブラックフォーマルといっても、現在では様々なタイプのデザインが登場しています。女性のブラックフォーマルは、男性と違い、ジャケットの襟や丈の違い、スカートやワンピースと非常に多くのデザインがあります。
一般的に多いのが、丈の短いボレロと丈の長いワンピースがセットになったものです。ボレロの着丈が短い事でウエストが細く、足を長く細く見せることができます。20代から30代の女性におすすめです。
年代を問わず着られるのが、テーラードジャケットタイプのものです。ジャケットに合わせるボトムスは、ワンピースだけではなく、スカートやパンツがあります。
このように、ブラックフォーマルは、好みやスタイルに合わせて選ぶことができるのも魅力なのです。

ブラックフォーマルの選び方のポイントを知ろう

ブラックフォーマルを着る機会は、自分が主役ではありません。葬儀や結婚式といった大切な時に着る大切なものですから、洋服のようにトレンドを押さえればいいものではありません。シンプルなデザインで、着たときに綺麗なシルエットとなるものを選ぶべきで、流行を押さえたい場合は、コサージュやバッグといった小物で押さえましょう。。
そのためにも、通販などで安易に購入せずに、必ず試着をして自分に合ったものを選びましょう。また、ブラックフォーマルは長く着るものですが、一生同じものを着るものではありません。ブラックフォーマルの試用期間は、一般的に約10年といわれているので、購入する際は数年先を見越して素材やデザイン、自分に似合うものを選ぶことが大切です。